システムエンジニアの仕事、一生懸命がんばります。
by tzncbu1te2
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
アスベスト被害で元従業員が造..
at 2010-06-15 13:34
首相退陣は安易と枝野氏=仙谷..
at 2010-06-03 18:40
IT会社を家宅捜索=ネット仮..
at 2010-05-27 16:06
大阪府と市の政策立案組織、W..
at 2010-05-18 20:19
年長フリーター防げ!今春高卒..
at 2010-05-11 11:43
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


石井桃子回顧展 生涯を資料で紹介 世田谷文学館で2月6日から(産経新聞)

 小説「ノンちゃん雲に乗る」や「クマのプーさん」の翻訳などで知られる児童文学作家、石井桃子さんが平成20年4月に101歳の生涯を閉じて間もなく2年。世田谷文学館(世田谷区南烏山)は2月6日から4月11日まで、没後初の回顧展「石井さんの本はみんなの宝もの 石井桃子展」を開く。創作、翻訳、編集者、文庫活動−と、幅広く活躍した生涯を300点以上の資料で紹介する。

 石井桃子さんは埼玉県出身。子供時代から読書好きで、大学卒業後、文芸春秋社などで編集者として英米児童文学を紹介。自ら翻訳、昭和15年に岩波書店から出版した「クマのプーさん」は戦前の子供を夢中にさせ、人気を定着させた。

 戦後は「ノンちゃん雲に乗る」などの児童文学を創作。「ピーターラビットのおはなし」「ちいさなうさこちゃん」などの絵本を翻訳する一方、昭和33年に子供図書館の先駆となる「かつら文庫」を創設。40年発刊の「子どもの図書館」は全国に広がる文庫活動のきっかけになった。晩年まで創作意欲は衰えなかった。

 回顧展は推敲(すいこう)の跡がうかがえる書き込みが入った原書、執筆に使っていた筆記具や辞書などの愛用品、写真、書斎で保管していた自身の著作などの書籍が紹介される。

 同館学芸員、小池智子さんは「石井桃子の名前を知らなかった人も、作品は必ず触れたことがあるはず。『これが全部、石井先生の本か』という驚きがあふれた展覧会になると思う。先生の業績に触れ、作品を読み直すきっかけにしてほしい」と話している。

 観覧料一般700円。原則月曜休館。【問】TEL03・5374・9111。

阿久根市長出廷「免職の元係長、復職は悪影響」(読売新聞)
<団地の地盤沈下>愛知県の責任認めず 名古屋高裁(毎日新聞)
鳥取連続不審死で36歳女、強盗殺人容疑で再逮捕(産経新聞)
25日の小沢民主党幹事長の記者会見要旨(読売新聞)
歌手の故浅川マキさん・お別れの会(時事通信)
[PR]
by tzncbu1te2 | 2010-02-03 11:28
<< 一足早く春の香り 司馬遼太郎記... 公明、参院埼玉選挙区に西田氏擁... >>